ごあいさつ

「美味しかったよ」の声が聴きたくて・・・!

 食事を作り続け、皆様に叱咤激励をいただきながら、ご愛顧いただき、平成30年(2018年)11月で創業六〇周年を迎えることができます。

 昨今、栽培・加工・輸送など技術革新によって、世界中の食品が店頭に並び、冷凍食品を含め多種多様な食品が市場に出回っております。 豊かな食生活を謳歌しているともいえ、高品位の“食”を求める意識が一般的となっています。 そうした中で、時代に合わないと言われつつも、手作りの食事を作ることが、どういった意味を持つのか? 「食事を作るということ、料理は愛情である」と信じて、手作りを基本とし食事を作っています。

 弊社は、どの時代においても5大原則 。 『栄養・衛生・美味・安価・サービス』を基本としています。 「手作りによる食事」を供給するだけにとどまらず、毎日食べても「飽きないこと」、「持続可能であること」、「安心して味わえる食」を提供し、喜んで頂けることを誇りに思っています。 毎日の営みである食事には、人間の根源的な生きる力を養う力があります。
レストランの味ではなく、いわゆる“家庭の味”を楽しんでいただける食事作りをご提案いたします。

代表取締役 改野耕三